カテゴリー
未分類

最近ガソリン安くない!?

初めまして!「Breakouts!」の中井です。最近、WTI原油先物始めました。

今回の記事では、コロナショック後に各地のガソリンの値段が安くなったのはどうしてなのか、そして過去のガソリン価格から気づいたことを紹介したいと思います。

今回の記事の目次はこちら

<目次>

1.~ガソリン価格の変移~

2.~コロナショックとの関係~

3.~サウジアラビアの減産~

4.~まとめ~

5.~参考文献~

それでは見ていきましょう!

<ガソリン価格の変移>

さて、本題でもふれたように最近ガソリン価格が安くなっているのを目にする人が多いのではないかと思います。なので、ここでは直近1ヶ月、1年間、3年間、5年間のガソリン価格(レギュラー)を一旦、見ておこうと思います!

↑直近1ヶ月のレギュラーガソリン価格(リンクは最後)

↑直近1年間のレギュラーガソリン価格(リンクは最後)

↑直近3年間のレギュラーガソリン価格(リンクは最後)

↑直近5年間のレギュラーガソリン(リンクは最後)

4つ見ていただきましたけども、やはりコロナショックでのガソリン価格の影響は凄まじいものですね。コロナショックとの関係は一度置いといて、2016年までの下落要因と2016年から2018年までのガソリン価格の高騰要因は何だったのかが気になるところです。

調べてみると、2014年にアメリカでシェールオイル産業の成功で原油の需要が薄まり、石油輸出国機構(OPEC)が需給・価格安定化の役割を放棄したことが下落の要因となっているそうです。一方、高騰の要因としては下落しきったところから正常化方向に向かっていると同時に、トランプショックの1つの位置づけとなったイラン核合意の離脱を決断し、各国がイラン産原油取引から手を引いたことが1番の要因だったようです。

いうまでもなく、アメリカの経済は世界を変えますね笑

皆さんも普段からアメリカ経済の動向やトランプの発言にはチェックしていきましょう!

<コロナショックとの関係>

お待たせしました、今日のメインテーマであるコロナショックとガソリン価格の関係性についてです。

なぜ、コロナショックによってガソリン価格が下落したかについての1番の要因は、なんといっても世界レベルでの需要の低下に尽きると思われます。やはり、一斉に自粛というような形になると需要が低下するのはやむを得ないですよね。

しかし、1番の驚きは“コロナショックとは関係なし”にガソリン価格は下落不可避であったということです。要因としては主に2つあり、1つは3月6日の「OPECプラス会合」において、サウジアラビアとロシアなど原油国同士でおこなわれた交渉決裂、もう1つはサウジアラビアが原油の増産を決めたことによる世界全体の供給の増加であります。

これらの影響で原油投資をしていた人が破産してしまったケースもあるようです。

なかなか怖いですね…

<サウジアラビアの減産>

先ほど、サウジアラビアが原油を増産したことによるガソリン価格の下落を紹介しましたが、つい先日、サウジアラビアが自発的に原油を減産し始め、追加減産の処置も取りました。各国の影響としてはガソリン価格の下落が止まり、高騰していくように思われます。

実際に、5月17日現在のガソリン価格を見ると下落は止まりました。

(高騰する前に満タンにしておかないと!笑)

サウジアラビアとしては石油生産量を18年ぶりの低水準に抑えたようなので、いかに今回のコロナショックの規模が大きかったかが伺えますね。

<まとめ>

いかがだったでしょうか。

私は、コロナショックの影響で原油に興味を持ち始めたのですが、こうやってブログを書くために調べてみると、新しい発見もあってもう少し勉強してみたいと思いました。

皆さんも是非、身の回りで起きている現象から興味を持って調べてみてください!

<参考文献>

minkara.carview.co.jp

carview.yahoo.co.jp

e-nenpi.com

<報告>

先日読者より、「テーマの一貫性をもたせるためにカテゴリ分けしよう」との意見をいただきましたので、カテゴリの選択方法を紹介します。

ホームページを一番下までスワイプするとカテゴリを選んで記事を読めるようにしましたので、テーマを絞って読みたい方はぜひご利用ください。

カテゴリー
つみたて投資

~忙しい人に~ドルコスト平均法とは?

 こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

btfhdr

今回は投資家の技量に左右されない「ドルコスト平均法」のメリットや注意点を紹介します!

例の如く私の記事は太字だけ読んでいただければOKです。

次第

1、ドルコスト平均法とは?

2、実際の例を用いて説明

3、価格が下がったら?

4、相性の良い投資や注意点は?

5、まとめ

<ドルコスト平均法とは?>

ドルコスト平均法!と聞いてしまうと何やら難しそうですが、実際は非常に簡単で投資家の技量に関係なく使える手法ですので是非最後までお読みください。

ドルコスト平均法は別名「定額購入法」で、「定量購入法」としばしば比較されます。株式を毎月積み立てる際などに用いられる手法で、

簡単に言えば

高いときに少なく買って安いときに多く買う

というのを、より機械的に

誰がやっても結果が変わらないようにした

のです。

(安いときに少なくは誤りでした、安いときに多くと訂正しております。5/18訂正)

定額購入法で株式を積み立てる場合は、「何円分の株を買うか」を決めて買います。

定量購入法で株式を積み立てる場合は、「何株を買うか」を決めて買います。

恐らく字面で説明しても分かりづらいので、自作の図を用いて説明します。💦

<実際の例を用いて説明>

図1

図1では毎月3株ずつ買う定量購入法VS毎月3000円ずつ株を買う定額購入(ドルコスト平均)法を比べてみました。

定量購入法に比べてドルコスト平均法はより安い値段で多くの株を取得し、より高い値段では少ない株を取得しているのがわかります。その結果として同じく3ヶ月で9000円を投資したのに、ドルコスト平均法のほうが保有している株数が2株多いですね!

また株数の違いのみならず、ドルコスト平均法ではより安い値段で多くの株を買えているため一株当たりの利益も大きいというお得な買い方となっています!

要は得するってことだけ分かってほしい。

7月1日時点の損益は、定量購入法が4500円の利益、ドルコスト平均法が9000円の利益です。詳細は500円で買った株は1000円/一株の利益、1000円で買った株は500円/一株の利益を生んでいます。

次に価格が下がってしまった場合についても補足を加えます。

<価格が下がったときは?>

図2

こちらは下降局面のチャートになります。とは言っても先ほどの斜線を右下にしただけですが。

先ほどと同様に、ドルコスト平均法はより高い値段で少ない株を取得してより安い値段で多くの株を取得しているのがわかります。そして損益も、定量購入法がマイナス4500円に対し、ドルコスト平均法がマイナス3500円と損失を押さえられています。要は、

下がっても爆死しづらい

ってことです。

このように下降局面にも強いことがわかりますが、「どっちにしろ減ってるじゃん」と思われた方もいるはずです。それでも優位性があると考える根拠を提示します。

<相性の良い投資や注意点は?>

基本的にドルコスト平均法は長期・分散・積み立てで投資をすることによって、その名の通り購入価格(建値)を平均化することが大切です。短期的な積み立て投資ではどこかで高値で買った株があると引きずられて購入単価が高くなってしまうので、根気強く続けることが大切です。

また積み立て投資をする場合、2018年1月より始まった「つみたてNISA」の利用がおすすめです。年間40万円までの投資が、購入から20年間に及んで発生した利益に対して非課税となるのでお得ですよ。これについては次回記事で分かりやすく書きます。

つみたてNISA

https://ikesuit.com/2020/05/26/%e5%b0%91%e9%a1%8d%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%b3%e3%83%84%e2%99%ac%ef%bd%9eetf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%ef%bd%9e/

投資によって生じた利益には普通20%程度の税金が課されますので、少額で始めたいという方にとってはありがたいはずです。

そして注意点は暴落しても損切りをせず落ち着いて積み立て続けることです。日経平均史上最高の37000円から買い始めて大暴落を経験したとしても現在まで毎月積み立て続けていれば2014年にはプラスに転じるほどその効果は高いです。

リーマンショック時代の値段(8000円前後)でも落ち着いて買い続けた人は、今回のコロナショックで20000円を下回ったとしても余裕があります。

長期的にやるなら暴落は味方になるんです。

また市場経済が正常に機能し続ける限りは経済は成長し続ける前提で動いています。

同時に、世界中が20年~30年後も経済成長をしないと考える方は投資をすべきではありません。

さらに経済成長のスピードより株価の上昇のほうが大きいとされているので株式投資は魅力が高いです。さすがに日本やヨーロッパの先進国のように成熟しきって成長しなくなってしまった国は厳しいかもしれませんが、アメリカや先進国にはまだ未来があると思います。

アメリカや先進国投資は少ない会社に投資すると利益も期待できる分、倒産リスクが高いので、少額数十から数百に及ぶ会社に分散投資が可能な…

ETF(上場投資信託受益権)

つみたてNISA

の紹介を今後の記事にアップしようと思っています。

<まとめ>

本日はかなり長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。社会人でドルコスト平均法を使って毎月積み立て投資を行う人は多く、月に10分程度しか作業がないようです。私自身、歴史学が本業の人間ですのでいずれこちらの手法にシフトする可能性が高い一人でもあります。

先日読者より、「テーマの一貫性をもたせるためにカテゴリ分けしよう」との意見をいただきましたので、カテゴリの選択方法を紹介します。

ホームページを一番下までスワイプするとカテゴリを選んで記事を読めるようにしましたので、テーマを絞って読みたい方はぜひご利用ください。

*パソコンでも同様にHPの下の方にカテゴリ選択のボタンがあります。

幹事長_池田

カテゴリー
つみたて投資

手軽にポイントで投資⁉︎

初めまして!「Breakouts!」の城です。

今回の記事では、手軽に始められる「ポイント投資」を

実体験談を踏まえながら紹介していきます。

今回の記事の目次はこちら

<目次>

⓵~PayPayボーナス運用

⓶~楽天ポイント投資

⓷〜私の投資結果〜

〜まとめ〜

今回の記事が資産運用への後押しとなれば嬉しいです。

PayPayボーナス運用

  ~PayPayボーナス運用の特徴~

チャレンジコーススタンダードコースどちらかに投資する仕組みで簡単!

1円から投資をすることができ、登録も必要なく始めやすい

・入力する項目も非常にシンプルで初めての投資にぴったり!

 ※始め方

 ⓵PayPayアプリを開く

 ⓶左上アイコンPayPay運用タップ

 ⓷コース選択し、投資額を決定

以上です。簡単でしょう?

  

  ~スタンダードコースとチャレンジコースの選び方~ 

 ●スタンダードコース

PayPayアプリより

 主要アメリカ株と同じような値動きをする

 詳しく言うと、実際に NYSE(ニューヨーク証券取引所)に於いて、

 取引されている、SPDR S&P500 ETFという商品と連動する設計。

 コツコツ運用するにはこれがオススメ

 長期投資に向いてます。

  ●チャレンジコース

PayPayアプリより

 主要アメリカ株の値動きの約3倍の値動きをする

 詳しく言うと、実際に NYSE(ニューヨーク証券取引所)に於いて、

 取引されている、 S&P 500 3X(SPXL)という商品と連動する設計。

 株価の3倍の値動きをする為、下落するとかなり痛い

 長期投資には不向き短期決戦で資産を増やしましょう!

楽天ポイント投資

~楽天ポイント投資の特徴~

・投資先として選択可能な証券が大量

・現金での取引と同じ取引方法で練習になる

・経済予測などを自分で考えポートフォリオを組むことができる

国内株式を買う場合はポイント相当の現金が必要となるのでおすすめできません

楽天ポイント投資でのオススメの投資法としては、

楽天カードで溜まったポイントを毎月ドルコスト平均法的に投信に入金

→放置

以上、だと私は信じています。☞ドルコスト平均法含めリスク分散投資の方法は次回記事をお楽しみに!

⓷私の投資結果

私は、PayPay運用、楽天ポイント投資共に実践しています

PayPay運用はコロナショック後、5月に投資を始めたのですが、

リスク大好きな性格上、よく分からないまま、

すべてチャレンジコースに投資しました!

<結果>2297円投資し、-230円(-10%)

    の運用損が出ています…

楽天ポイントでは、全世界株式に投資できる投資信託をスポット購入しました!

<結果>コロナショックでとんでもない含み損が、、、かと思いきや投資金額は、

スポット購入の最低額である100円であったため、 被害はほぼありませんでした

ほっときゃ上がるだろ!

というマインドで投資しております

④<まとめ>

今回、初心者向きの記事ということで、

脳死投資法しか紹介できなかったのですが、

より有意義で分かり易い記事を作成できればいいなと思っています。

ご覧いただき、ありがとうございました

 

カテゴリー
為替・FX

窓開け時のトレード戦略

こんにちは、「Breakouts!」の佐藤です。

今回は、様々な投資商品で汎用性が高くて簡単な「窓埋め」手法について紹介いたします!

目次

1、相場の””とは?

2、大量の注文で値が飛んだ場合

3、メリット・デメリット

4、まとめ

5、幹事長のひとこと

<相場の”窓”とは?>

窓開け」とは、隣り合うローソク足の間に、窓のようにぽっかり穴が開いてしまうことです。一方、「窓埋め」とは、窓開けによって空いた窓が、その後、相場が戻って閉じることです。

これらは、多くのトレーダーが狙っている値動きの特徴なので、窓を開けた時に戦略を立てることは、トレードをする上で避けては通れません。

相場において窓開けは有名で、窓開けしたら必ず埋まるという安易な考えから、「窓埋め理論」というものまであります。

また、用語として

窓を開けて価格が上に飛んだ場合を『ギャップアップ(GU)』といい、下に飛んだ場合を『ギャップダウン(GD)』と言います。

そして窓開けには2種類あります。

①土日を挟んだ場合

これは土曜日・日曜日にトレードが出来ないために起こる現象で、金曜日の終値と月曜日の始値の差から生まれます。

例を出します。下の写真は米ドル/円の1時間足チャートです

このように、月曜日の始値が金曜日の終値よりも低いことから窓が生まれています(窓開け)。そして後に金曜日の値段まで戻し、窓埋めが完了しています。このような現象は投資の世界では多く見られます。

しかし、そう簡単に儲かるような話はありません。見てわかるように窓を閉めるのに2日間かかっています。いずれ戻るかもしれないが、それがいつなのか分かりません。10分後なのか1時間後なのか、それとも1週間後なのか。このようにただ『窓埋め』するだろうというだけで取引することは危険です。

②大量の注文で値が飛んだ場合

これは何かの指標やニュースで一方向に大量の注文が入った時に起こります。買い手または売り手しかおらず約定しない時に起こります。

例を出します。下の写真は原油CFDの5分足の写真です。

このように、5:25からなんらかのニュースで大量の買い注文が入ったことがわかります。今回は2時間ほどで窓を埋めています。

しかしここにも大きな問題があります。仮に窓埋めを狙ったトレードをする場合、狙う利益(リターン)は窓の開いた値幅になります。ところが今回は大量の買い注文が入ったっことによる窓開けです。その窓埋めを狙うということは売り(ショート)でエントリーするということです。トレンドに逆行することになるのでリスクが大きくとても危険なトレードになってしまいます。

<メリット・デメリット>

・メリット

窓埋めを意識する投資家が多く、実際に窓を埋めに行く値動きをすることがある。

・デメリット

①いつ窓埋めをするかわからない為、資金効率が悪くなる可能性がある。

②リスクに対するリターンが割りに合わないので大損する可能性がある。

〈まとめ〉

単に窓が開いたから閉めるだろうという安易な考えでトレードすることはとても危険である。

複数の点から総合的に判断し、窓を埋めていく展開になりそうだと思った時だけ狙うようにしましょう。

また、窓が開いた際は多くの注文が入りトレンドの始まりになることもあります。

他にも多くの投資家が注目することから将来的にはサポートレジスタンスにもなることがあります。

簡単に稼げそうな手法に惑わされずに、しっかりとした分析根拠を以って狙うようにしましょう。

分析、根拠がしっかりしていれば窓開けは大きく稼ぐチャンスになります!

<幹事長のひとこと>

 窓埋めトレード自体、非常に優位性が高い手法だと思っています。しかしながら、レバレッジをかけすぎるとせっかく窓埋めする前にロスカットしてしまうかもしれません。

 例えば1ドル=100円のとき、1ロット=1万ドル=100万円です。国内のFX口座は名目レバレッジ25倍に固定してある場合が多いですので、1ロット40000円で取引できます。

 そこで例えば5ロットのドル円を取引したとしましょう、その場合必要証拠金は40000円×5=20万円で、実際は5万ドル=500万円の取引をしているので、口座残高50万円の10倍を取引しており、実効レバレッジは10倍です。

 この時、50万の口座残高のうち20万円を使用しているため、余力は30万円です。5ロットで30万円の損失を出すにはドル円が6円(600pips)逆行した場合ですので窓埋めまでの期間がある程度長くても損切りせずに済むでしょう。

 ちなみに6円逆行まで耐えられるロット数は、

①証拠金1万円→0.1ロット(1000ドル)②証拠金5万円→0.5ロット(5000ドル)程度で、ドル円のレートが高いと少しだけ余裕がなくなると覚えておきましょう。なお、6円逆行はフラッシュクラッシュ(2019.01.03)耐久幅です。

 皆さんもロット調整で実効レバレッジの管理に努めましょう。幹事長より。



https://mobile-webview.gmail.com/892299973/-8451665578297837650#m_-3278829818619677820_

カテゴリー
未分類

意外と身近??原油市場について!

目次

1、幹事長挨拶

2、原油のススメ

3、原油市場の現在は?~原油の価値がマイナス圏に?今が買い時?~

4、最後に

<幹事長挨拶>

 皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田と申します。

私の名前に由来するドメイン名にもかかわらず、これがわたくし初の投稿となります。

 先日の中村の記事はいかがでしたでしょうか?多少投資経験のある人からは好評でしたが、投資に関して知識が皆無の私の母からは「何を言っているのか分からない」とダメだしされてしまったので、私池田は少し専門性を下げて分かりやすいまとめの記事を出そうと思います。

<原油のススメ>

 さて、記念すべき私の初投稿のテーマは「原油」です。投資経験のない人や初心者の方は投資といえば何を思い浮かべますか?当サークルに入ってくる新入生のほとんどは株式や為替(FX)を挙げますし、私もそうでした。(笑)

 私自身も当初原油は”分からないから怖い”程度の理解しかなく、あまり意識しておりませんでした。

 しかし、原油および原油価格は我々の生活に意外と身近に結びついていますし、株式や為替の相場にも密接な影響を持っているので、食わず嫌いは勿体ないですよ。

*石油と原油の違いは、石油が総称で原油が地中から採取したままの石油のことを指すそうです。ベネッセより

 例えば、スマホやパソコンを動かす電気は原油による火力発電によって作られていますし、工場で物を生産するときや車のガソリンにも使われ、さらにトイレットペーパーやペットボトルにまで使用されており、人間の経済活動の中心となっています!要は、

原油ってめっちゃ重要

ってことです。

<原油市場の現在は?>

 直近の原油市場はTwitterでトレンド入りする歴史的な事件がありました。それは、

原油先物マイナス圏突入

です。

 先物は簡単に言うと期限付きの取引のことを言います。

〇原油の価値がマイナス圏に?

 先述の通り原油は人間の経済活動の中心となっていますが、その分経済活動が衰えるとその供給に対して需要が低下してしまいます。現在はCOVID-19の感染拡大に伴い、経済活動が急激に衰えてしまいました。

 原油は貯蔵に莫大なコストがかかるうえに産油国同士の競争があるために簡単に供給を減らす、すなわち減産は簡単に行えません。その結果、原油を保管しきれないリスクが出てきてしまい、

お金を払うからこの原油引き取ってください!

的な状況が予測されました。(笑)

 私もサークルの新入生たちと原油価格が暴落した日は徹夜でチャートを監視していましたが、「これで明日から原油が飲み放題♪」と言って盛り上がり待ってました💦

◯今が買い時?

 確かに原油価格が低下しましたが、かと言って原油のシェアを大きく揺るがすエネルギーが登場したわけではありません。すなわち経済活動が再開すれば現在よりは高い値段をつけることが期待できます。

 また産油国が減産をすると価格が高騰するためチャンスはたくさんあるかと思います。

<最後に>

 最後までお読みいただきありがとうございました。出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、未熟者ゆえ伝わりづらい点もあったかと思います。質問があればコメントに寄せていただければ、どんなに初歩的なことでもブログ内およびTwitterでお答えさせていただきます。

 今後は原油と産油国投資についての記事を書きたいと思いますので、ぜひ次回もご訪問願います。



カテゴリー
為替・FX

【史上最悪の結果でなぜドル高?アメリカ雇用統計】

日本時間5月8日21:30、米雇用統計

こんにちは!「Break outs!」1年の中村です

今回はコロナの影響で史上最低の結果となったアメリカ雇用統計(非農業部門雇用者数変化)と、それと連動したドル円の動きを紹介していきたいと思います。

タイトルを見て、「え、最悪の結果だったのに何でドルが高くなるの?」と思った方は是非みてくださいね。

そうじゃない方も批判的思考の原料としてご覧していただきたいです笑

では、ご笑読ください。

【最初に】

まず今回(5月8日)の結果は

雇用者数は2050万人減少

・ドル円は4銭以上ドル高に

といった感じでした。

では以下で深く掘り下げていきます。

【まるで絶壁】

https://www.cnbc.com/2020/05/08/jobs-report-april-2020.html

普通チャートの類はジグザグに線がうごきますよね?今回はまるで崖のように急落しています。

これはもちろんコロナウイルスによって経済活動が劇的に縮小したためです。リーマンショックや第二次世界大戦の終結(総力戦体制の解除→雇用減)がなんでもないように見えますね笑

笑いごとではないのですが…

今回は予想が2200万人減だったのに対し、結果は2050万人の減少にとどまりました。とても大きな数であることには変わりないのですが、この違いが相場に大きな影響を及ぼすことになりました。どういうことかは下で説明します。

セルザルーマー・バイザファクト?】

相場のことわざに「バイザルーマー・セルザファクト」というものがあります。噂で買って事実で買うとはどういうことでしょうか?指標などの発表前“今回の結果は良さそうだ”という噂が流れると、それにつられて値が上昇することがあります。そうなると結果の発表の際“やっぱりそうだったのね/だめだった”となって売られる現象が起こり得ます。これを「バイザルーマー・セルザファクト」と言います。

今回はこの逆となって、“今回の結果は悪そうだ”という噂で売られ、“思っていたより良かった”という事実で買われたのではないでしょうか。いわば「セルザルーマー・バイザファクト」のためしのように思われます。

【おわりに】

今回の雇用統計は史上最悪の結果となりました。コロナからの回復はまだまだどころか、これ以上に悪化する可能性も十分あります。そう考えると不景気はまだまだ続きそうです。

今回のサムネは、ドーバーの白い崖です。これを選んだ理由は単に雇用統計の図が崖のように見えたからというだけなのですが、ここでイギリスの有名な歌手であるヴェラ・リンの『ドーバーの白い崖』の歌詞の一部を引用してみたいと思います。

“There’ll be blue birds over

The white cliffs of Dover

Tomorrow, just you wait and see”

青い鳥たちがドーバーの白い崖を飛んでいるでしょう。明日ただ見て待って居よう。

https://publicdomainq.net/tag/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%99%BD%E3%81%84%E5%B4%96/ ※サムネイル

そんな感じの意味の歌詞です。この歌は第二次世界大戦が終わることを願った歌で、平和がもどることを「青い鳥」で表現しています。現代の私たちもこの未曾有の不景気が終わる日をただ待ちましょう。そしてバブルが起こったら、間髪入れずに便乗だ!

ここまでご覧いただきありがとうございました。

カテゴリー
為替・FX

始めまして

日本時間4月30日3:00、FOMC(米国政策金利決定会合)

【ごあいさつ】

初めまして! 明治大学投資サークル「Break outs!」1年生の中村と申します。

今回から弊サークルでは新しい活動の一環として、ブログに相場の分析や反省をオムニバス形式で投稿していきたいとおもいます。

なお私はまったくの投資初心者です。今回の企画は、一年生が勉強のついでにその成果を公表しようという趣旨のもと行われていますので、間違いが多々見受けられるかもしれません。読者の皆様に有益な記事の作成を目指してはおりますが、至らぬ点があると思います。そのことを念頭に置いてご笑読ください。

【今回の話題はFOMC!】

今回はFOMCの発表(4月30日)とそれに連動した米ドル円の相場をみていきます。

結果から言えば

政策金利は据え置きで予想通り

ドル円は多少動いたものの、ほぼ無風状態

でした。

では以下で深く掘り下げていきたいとおもいます。

【FOMCとは?】

FOMCは連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)の略称です。語感はちんぷんかんぷんですが、アメリカの金融政策を決定する、日本でいうところの日銀政策決定会合のようなものです。

FOMCは年8回政策金利の発表を行います。この発表に連動して米ドルに関係する相場が動くことが多いので、トレーダーは必見の発表と言えますね

【政策金利が動くとどうなるの?】

政策金利が下がると、その国でお金を持っていても利息があまりつかないため儲かりません。そのためお金がその国から金利の高い国へ流れていくので為替レートは下がります。

つまり

政策金利↓だと為替レート↓

政策金利↑だと為替レート↑

になるといえますね。

もちろんこれとは外れた結果になることもかなりありますが、基本的な考え方は以上の通りになります。

【今回の結果は?】

今回の発表では、アメリカの政策金利は据え置きの0.25%となりました。これを受けたドル円は一瞬大きくドル安へ動きましたが、その後数分で大部分戻し、横ばいになったあと、もとの値を回復しました。(具体的な数値は割愛します)

「大きく」と書きましたが、熟練の先輩曰く小さい方らしいです。以前の発表では今回の数倍の値幅をつけたこともあり、それを考えれば今回はほぼ無風状態といってよいのではないのでしょうか。

FRBのパウエル議長が、政策金利発表後3:30(日本時間)に会見します。およそ10分間原稿を読み上げて、3:40から質疑応答です。質疑応答の内容によっては相場が急変することもありますので、株や為替の取引をされる方は気を付けましょう。コツはパウエル議長の口の動きを真似して、単語を推測することです。先輩曰く「英語分からないならカメラのフラッシュが激しくなったら注意」とのことです。(笑)今はオンライン会見なので英語を勉強しましょう。

DMMFXプレミアチャーより引用

【理由の考察】

今回はなぜ発表とともにドル安となったのか?そしてなぜ値幅は小さかったのか?そのことについて、素人考えながらも考察していきたいと思います。

まず、今回の金利は事前に予測されていた値と同じであり、また前回の値と同じでした。そのため普通に考えれば売り方向にも買い方向にも影響しないはずです。

ではなぜドル安になったのか。私は「マイナス金利の期待」が影響したのではないかと勝手ながら考えています。今回はコロナ禍により経済活動が大きく締め付けられているなかでの発表となりました。そのためFOMCはもちろん景気を刺激する方向に舵を取りたかったはずです。しかし現状はすでに超低金利と言っていい状態にあります。このような環境でさらに景気を促進するには?その答えとして一部ではマイナス金利に期待する動きが若干あったのではないかと思います。

つまり、発表の少し前にマイナス金利を期待した売りが入り、それが相場を方向づけ一瞬ドル安になったあと、結果据え置きであったため再びもどした、という筋書きを考えました。こう考えると値幅の小ささも納得できると思います。

ただ、単純にランダムであったというのが妥当だとはおもいますが…

【おわりに】

今回のFOMC発表は据え置きとなりましたが、現在世界的にアフターコロナを見越した出口戦略が行われつつあります。これを見極め、いかに便乗するかが今後のカギとなるのではないでしょうか。そのことを考慮にいれ、次の発表を待ちたいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

https://mobile-webview.gmail.com/892299973/-8451665578297837650#m_-3278829818619677820_