カテゴリー
為替・FX

FX学内対抗戦結果

FX対抗戦結果

こんにちは、「Breakouts!」の佐野です。今回はFX学内対抗戦の結果が出たのでお伝えします。

〈次第〉

1. ロンドンフィクス

2. 優勝者の手法

3. 最下位の手法

1.ロンドンフィクス

5月25日からの相場は、独国内総生産、ユーロ消費者物価指数、米個人支出などいくつか指標が出ましたが、一番相場が動いたのは29日の

ロンドンフィクス

でしょう。

ロンドンフィクスとは→ロンドン市場の取引が終わる時間のこと。ロンドン市場でのその日のレートが決まる。東京では夏は0時、冬は1時になっている。

5月最後の平日ということもあり、欧州圏の決済が集中することからユーロ、ポンド、ドルの動きが活発になり、東京の取引時間と一部かぶっていることから対円の取引量も増えました。小難しいですが要するに、

とりま月末は上がる

と幹事長が言ってました。

ユーロ、ポンド、米ドルの対円相場はすべて0時前に織り込み始め、上がり始めたときから100pips近く動くこととなりました。(私は波に乗れませんでしたが)サークルの中にはロングでエントリーしてロンドンフィクスのみで20万円稼いだ人もいました。

2.優勝者の手法

優勝した方はなんと+702万4700円の1202万4700円(240%)という結果でした。

基本的に100ロットで取引し、損切りは自分の思った方向に動かなかったらすぐしていたそうです。取引した通貨は動きがわかりやすかったユーロ円、ポンド円を主として、ニュージーランドドル、オーストラリアドルも触っていたそうです。

3.最下位の手法

最下位の方は-393万7051円の106万2949円(21.2%)で終了しました。

南アランドを大量に購入して、途中までは上がっていたのですが、一気に下がり、にっちもさっちもいかなくなったそうです。また、上がりきったときに買い、下がりきったときに売る、を繰り返してしまったらしく、その損切りが重なり、このような結果になったとのこと。

〈まとめ〉

サークルメンバーそれぞれの手法が見られて、いい勉強になりました。リスクヘッジの仕方、損切りのタイミングなど、サークル内でも議論が活発になり、これからもこういったイベントを行っていき、記事もかけていけたらと思います。

また、今週より、日本株、米国株、仮想通貨、プログラミングをグループに分かれて学ぶゼミが発足しました。その中で学んだこともこのブログで挙げていくので、ぜひ読んでいただけたらと思います。