カテゴリー
つみたて投資

少額つみたてコツコツ♬~ETFって何?~

こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

今回は先日のドルコスト平均法の記事の最後に触れた、

ETF(上場投資信託)

についてお話しようと思います。まだ確認していない方はドルコスト平均法の文字をタップしてご一読ください!

次第

1、ETFとは?~一般の投資信託と比較して~

2、ETFの強み

3、おすすめの銘柄は?

4、まとめ

<ETF(上場投資信託)とは?>

ETFは上場投資信託の略です!と言ってもさっぱりわかりませんよね。私も当初分かりやすく言っているつもりの人の話を聞いて困り果てました💦

今回はETFはしばしば一般的な投資信託と比較されるため比較して紹介します。

なお今回の記事は分かりづらい文章の羅列なので、

ピンクの文字だけ読んでくれればいいや

って思ってます。

〇投資信託

☞投資信託はプロの投資家が、顧客から集めた資金を10年程度運用して、運用利益から手数料を差し引いて顧客に還元する仕組みです。最低100円から買えるものもあり、簡単に言えば

増やしてあげるから手数料上乗せしてお金出して

って話です。

〇ETF

(上場投資信託受益権)

ETFは名前にもある通り、上場しています。

上場しているということは、一般の株式(トヨタとか日産とかみたいな)と同じようにリアルタイムでの売り買いが可能です。そのため、購入したETFで満足な利益が出たら売って現金化してもいいし、値下がりしたら追加購入したりと自分が納得したときに売買できるのが特徴です。なお手数料として信託報酬が購入額の0.2~0.4%程度かかります。

ETFは例えば日経平均株価、TOPIX(東証株式指数)やS&P500などの値動きに連動するものが多いです。

テレビニュースでお馴染みの日経平均株価連動ETFをあげてみましょう。

日経平均株価は東京証券取引所に上場する会社から225社を選出し、それらの会社の平均値を算出しています。

例えば日経平均株価連動ETFを買うと、225社に分散投資したことになります。

ここから先がETFの強みで、普通に日経平均株価を取引するとき、株価が2万円なら2万円ずつしか購入できません。しかしETFは受益権なので、それぞれの顧客が出した投資金額に応じてそのファンドがあげた利益を受けられる、というだけでピッタリ2万円投資する必要がないどころか、こちらも最低100円から買えるものまであるんです。簡単に言えば、

投資信託だけど自由に売買していいよ

って話です。

<貯蓄との相性の良さ~つみたてNISA~>

拙い文章ゆえETFの良さが伝わり切っていないかもしれませんので、お国のありがたい制度である

つみたてNISA

について書き添えておきますm(__)m

つみたてNISAは少額投資非課税制度を指します。例によってお国の制度というものiDeCoやらNISAやら分からいずらい名前がついていますので解説します💦

つみたてNISAは年間40万円までの投資によって得た利益に対して20年間に及んで非課税となるありがたい制度となっており、その代わりに投資対象は金融庁指定の限られた優良なETFのみとなっています。要は

お国が決めたETF買うなら税金取らないであげるよ

って話です。

また、つみたてNISAの名前の通り積み立て投資を行うことが前提となっています。例えば一気に12万円投資するのは大変ですが、毎月1万円ずつETFを購入して年間で12万円投資するなら比較的ハードルは低いと思います。なお、繰り返しになりますが積み立て投資は過去記事の、

~忙しい人に~ドルコスト平均法とは?

を参考にしてください!

ETFは好きな時に売買できるため、お金が余ったら追加で買ってもいいし、お金が足りなくなったら必要な分だけ保有しているETFを売り払えばいいからです。要は

おサイフと相談しつつ投資できる(金欠でも耐える)

ってことです。

つみたてワニーサ ある日突然人間界に現れた優しいワニ。ゆっくり慎重派だけど、みんなから信頼され愛されている。どっしりと安定感のある背中にはいつも何かを乗せて運んでいて、不思議なしっぽは右肩上がりに成長していく。
https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/assets/imgs/wanisa_text.jpg

金融庁のキャラクター、つみたてワニーサが可愛いので貼っておきます。

つみたてワニーサが可愛いので、みんなでつみたてNISA始めましょう!

ということです。グッズほしいなあ、、、

金融庁HP「NISAとは?」

金融庁HP「教えて虫取り先生」☞人気ブロガー虫取り小僧さんと金融庁職員の対話形式です。

<まとめ>

幹事長は概説担当となったため、分かりやすさ重視で書いております。そのため少し安っぽい感じになってしまいましたが、それでも皆さんに理解してもらえれば私は嬉しいです。

<追記>

ブログの記事数の増加に伴って、テーマの統一感が損なわれてきたとの指摘を読者からいただきました。当HPを下の方にスワイプしていただいて、カテゴリ選択をしていただけると読みたい内容にたどりつきやすくなるかと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

*写真はスマホ版ですが、PCでも同様の手順です。

カテゴリー
つみたて投資

~忙しい人に~ドルコスト平均法とは?

 こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

btfhdr

今回は投資家の技量に左右されない「ドルコスト平均法」のメリットや注意点を紹介します!

例の如く私の記事は太字だけ読んでいただければOKです。

次第

1、ドルコスト平均法とは?

2、実際の例を用いて説明

3、価格が下がったら?

4、相性の良い投資や注意点は?

5、まとめ

<ドルコスト平均法とは?>

ドルコスト平均法!と聞いてしまうと何やら難しそうですが、実際は非常に簡単で投資家の技量に関係なく使える手法ですので是非最後までお読みください。

ドルコスト平均法は別名「定額購入法」で、「定量購入法」としばしば比較されます。株式を毎月積み立てる際などに用いられる手法で、

簡単に言えば

高いときに少なく買って安いときに多く買う

というのを、より機械的に

誰がやっても結果が変わらないようにした

のです。

(安いときに少なくは誤りでした、安いときに多くと訂正しております。5/18訂正)

定額購入法で株式を積み立てる場合は、「何円分の株を買うか」を決めて買います。

定量購入法で株式を積み立てる場合は、「何株を買うか」を決めて買います。

恐らく字面で説明しても分かりづらいので、自作の図を用いて説明します。💦

<実際の例を用いて説明>

図1

図1では毎月3株ずつ買う定量購入法VS毎月3000円ずつ株を買う定額購入(ドルコスト平均)法を比べてみました。

定量購入法に比べてドルコスト平均法はより安い値段で多くの株を取得し、より高い値段では少ない株を取得しているのがわかります。その結果として同じく3ヶ月で9000円を投資したのに、ドルコスト平均法のほうが保有している株数が2株多いですね!

また株数の違いのみならず、ドルコスト平均法ではより安い値段で多くの株を買えているため一株当たりの利益も大きいというお得な買い方となっています!

要は得するってことだけ分かってほしい。

7月1日時点の損益は、定量購入法が4500円の利益、ドルコスト平均法が9000円の利益です。詳細は500円で買った株は1000円/一株の利益、1000円で買った株は500円/一株の利益を生んでいます。

次に価格が下がってしまった場合についても補足を加えます。

<価格が下がったときは?>

図2

こちらは下降局面のチャートになります。とは言っても先ほどの斜線を右下にしただけですが。

先ほどと同様に、ドルコスト平均法はより高い値段で少ない株を取得してより安い値段で多くの株を取得しているのがわかります。そして損益も、定量購入法がマイナス4500円に対し、ドルコスト平均法がマイナス3500円と損失を押さえられています。要は、

下がっても爆死しづらい

ってことです。

このように下降局面にも強いことがわかりますが、「どっちにしろ減ってるじゃん」と思われた方もいるはずです。それでも優位性があると考える根拠を提示します。

<相性の良い投資や注意点は?>

基本的にドルコスト平均法は長期・分散・積み立てで投資をすることによって、その名の通り購入価格(建値)を平均化することが大切です。短期的な積み立て投資ではどこかで高値で買った株があると引きずられて購入単価が高くなってしまうので、根気強く続けることが大切です。

また積み立て投資をする場合、2018年1月より始まった「つみたてNISA」の利用がおすすめです。年間40万円までの投資が、購入から20年間に及んで発生した利益に対して非課税となるのでお得ですよ。これについては次回記事で分かりやすく書きます。

つみたてNISA

https://ikesuit.com/2020/05/26/%e5%b0%91%e9%a1%8d%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%b3%e3%83%84%e2%99%ac%ef%bd%9eetf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%ef%bd%9e/

投資によって生じた利益には普通20%程度の税金が課されますので、少額で始めたいという方にとってはありがたいはずです。

そして注意点は暴落しても損切りをせず落ち着いて積み立て続けることです。日経平均史上最高の37000円から買い始めて大暴落を経験したとしても現在まで毎月積み立て続けていれば2014年にはプラスに転じるほどその効果は高いです。

リーマンショック時代の値段(8000円前後)でも落ち着いて買い続けた人は、今回のコロナショックで20000円を下回ったとしても余裕があります。

長期的にやるなら暴落は味方になるんです。

また市場経済が正常に機能し続ける限りは経済は成長し続ける前提で動いています。

同時に、世界中が20年~30年後も経済成長をしないと考える方は投資をすべきではありません。

さらに経済成長のスピードより株価の上昇のほうが大きいとされているので株式投資は魅力が高いです。さすがに日本やヨーロッパの先進国のように成熟しきって成長しなくなってしまった国は厳しいかもしれませんが、アメリカや先進国にはまだ未来があると思います。

アメリカや先進国投資は少ない会社に投資すると利益も期待できる分、倒産リスクが高いので、少額数十から数百に及ぶ会社に分散投資が可能な…

ETF(上場投資信託受益権)

つみたてNISA

の紹介を今後の記事にアップしようと思っています。

<まとめ>

本日はかなり長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。社会人でドルコスト平均法を使って毎月積み立て投資を行う人は多く、月に10分程度しか作業がないようです。私自身、歴史学が本業の人間ですのでいずれこちらの手法にシフトする可能性が高い一人でもあります。

先日読者より、「テーマの一貫性をもたせるためにカテゴリ分けしよう」との意見をいただきましたので、カテゴリの選択方法を紹介します。

ホームページを一番下までスワイプするとカテゴリを選んで記事を読めるようにしましたので、テーマを絞って読みたい方はぜひご利用ください。

*パソコンでも同様にHPの下の方にカテゴリ選択のボタンがあります。

幹事長_池田

カテゴリー
未分類

意外と身近??原油市場について!

目次

1、幹事長挨拶

2、原油のススメ

3、原油市場の現在は?~原油の価値がマイナス圏に?今が買い時?~

4、最後に

<幹事長挨拶>

 皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田と申します。

私の名前に由来するドメイン名にもかかわらず、これがわたくし初の投稿となります。

 先日の中村の記事はいかがでしたでしょうか?多少投資経験のある人からは好評でしたが、投資に関して知識が皆無の私の母からは「何を言っているのか分からない」とダメだしされてしまったので、私池田は少し専門性を下げて分かりやすいまとめの記事を出そうと思います。

<原油のススメ>

 さて、記念すべき私の初投稿のテーマは「原油」です。投資経験のない人や初心者の方は投資といえば何を思い浮かべますか?当サークルに入ってくる新入生のほとんどは株式や為替(FX)を挙げますし、私もそうでした。(笑)

 私自身も当初原油は”分からないから怖い”程度の理解しかなく、あまり意識しておりませんでした。

 しかし、原油および原油価格は我々の生活に意外と身近に結びついていますし、株式や為替の相場にも密接な影響を持っているので、食わず嫌いは勿体ないですよ。

*石油と原油の違いは、石油が総称で原油が地中から採取したままの石油のことを指すそうです。ベネッセより

 例えば、スマホやパソコンを動かす電気は原油による火力発電によって作られていますし、工場で物を生産するときや車のガソリンにも使われ、さらにトイレットペーパーやペットボトルにまで使用されており、人間の経済活動の中心となっています!要は、

原油ってめっちゃ重要

ってことです。

<原油市場の現在は?>

 直近の原油市場はTwitterでトレンド入りする歴史的な事件がありました。それは、

原油先物マイナス圏突入

です。

 先物は簡単に言うと期限付きの取引のことを言います。

〇原油の価値がマイナス圏に?

 先述の通り原油は人間の経済活動の中心となっていますが、その分経済活動が衰えるとその供給に対して需要が低下してしまいます。現在はCOVID-19の感染拡大に伴い、経済活動が急激に衰えてしまいました。

 原油は貯蔵に莫大なコストがかかるうえに産油国同士の競争があるために簡単に供給を減らす、すなわち減産は簡単に行えません。その結果、原油を保管しきれないリスクが出てきてしまい、

お金を払うからこの原油引き取ってください!

的な状況が予測されました。(笑)

 私もサークルの新入生たちと原油価格が暴落した日は徹夜でチャートを監視していましたが、「これで明日から原油が飲み放題♪」と言って盛り上がり待ってました💦

◯今が買い時?

 確かに原油価格が低下しましたが、かと言って原油のシェアを大きく揺るがすエネルギーが登場したわけではありません。すなわち経済活動が再開すれば現在よりは高い値段をつけることが期待できます。

 また産油国が減産をすると価格が高騰するためチャンスはたくさんあるかと思います。

<最後に>

 最後までお読みいただきありがとうございました。出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、未熟者ゆえ伝わりづらい点もあったかと思います。質問があればコメントに寄せていただければ、どんなに初歩的なことでもブログ内およびTwitterでお答えさせていただきます。

 今後は原油と産油国投資についての記事を書きたいと思いますので、ぜひ次回もご訪問願います。