カテゴリー
日本株

大学から始めた☆株式投資☆

初めまして、「Breakouts!」2年の桑原遼です。

fx学内対抗戦をフルレバで遊んでいたら思わぬ爆益になってしまい、急遽白羽の矢が立ちましたので僭越ながら投資歴1年の自分の経験と今どんな所を見ているかを書かせていただきます。

次第

1、株式投資を始めたころ~惨憺たる敗北編~

2、便乗手法を覚える~空しき勝利~

3、上級者への道~直近の取引~

4、まとめ

<惨憺たる敗北>

投資を始めたばかりの頃は株式投資の本を分からないなりに読み漁りました。その結果は惨憺たるものでした。


ファンダ分析*で買っているのか、それともテクニカル分析*で買っているのかがグチャグチャになって判断を鈍らせ、利確*するにも損切り*するにも判断が遅くなってました。特に損切り場面では、テクニカルを根拠に入った時、チャートは売り一択なのにファンダは悪くないからナンピン*してみるか、という思考になると大きく含み損を抱えることになります。

*ファンダ分析は企業の業績などを根拠、テクニカル分析は値動きを根拠とする分析。

*利確は利益が出ている株を売り払うこと、損切りは損失が出ている株を売り払うこと。

*ナンピンは損失が出ているときに、追加で購入すること。


個人的な見解であることを理解して頂きたいのですが、最初からいろんな手法に手を出すには株は難しすぎます。始めてから手法を模索するよりも何にするか固めてから始めることを強くお薦めします。情報量が多すぎて処理しきれないと思います。


<空しき勝利>

次にTwitterの有名株クラのアカウントを片っ端からフォローして、買い煽りに乗ってみました。

これは意外と悪くない結果でした。当たり外れはあるものの、言われた通りの株を買ってみたらなんとなく利益がでたんです。

(某狼さんみたいにサロンを開かれたら入ってたかも、、、)Twitterで買い煽りしてるようなアカウントの運営者は投資歴が長い人々で、確かに分析力は凄いです。今でも自分なら見向きもしない銘柄を探し出してTwitterに載っけてます。

ただ、勿論彼らが善意でやってるわけないって事は皆さんもわかると思います。彼らは買い煽るはるか前に安値で仕込みを終わらせ、買い煽りに乗ってきた人々が増えてきたら静かに抜けていきます。もし落ちてきても魔法のフレーズ「ここ押し目*です!」って言えば素直に買い向かっていく人が多いんですよね。その間に彼らは何回転かして利食って終わり。残るのは高値掴みで逃げそびれ、塩漬け*にさせられる初心者だけです。

*押し目は株価が上昇する前に少しだけ下がっているときのこと、要するに買い時。

*塩漬けは損失が出ている株式を放置すること。

Twitterの情報だけで売買しようとしている人は結局、入る時も抜ける時も根拠がないんです。抜ける時は誰も言ってくれないので自分で判断しないといけないのですが、

根拠が無いので売り抜けるにも抜けるラインが決められないんですね。

現在の自分は彼らが見ている株からどんなテーマに注目しているか、銘柄を勧めていても自分の判断基準にかなうかを分析してから入るようにしてます。

<直近の取引>

そして現在です。自分は個別株を殆どテクニカルだけで取引してきましたので(決算とかIRには目を通しますが)、ここ最近の取引履歴から分かりやすいものを成功例と失敗例をご紹介したいと思います。

まずは成功例です。下のチャートはオンコリスバイオファーマ(4588)の日足チャートです。この銘柄はバイオ*銘柄(笑)のアンジェス*と違って抗がん剤などの開発に携わるガチバイオ銘柄です。

*バイオテクノロジーの略、関連銘柄はふと急騰しやすい。

*アンジェスは最近話題のバイオ、研究員3人とかなのにコロナ治療薬作りますって言っただけで株が上がっている。それに乗じて株を発行してお金もらってるから”株券印刷会社”と揶揄される。

自分がこのチャートを見たとき、安値が切り上がった綺麗な三角持ち合いでした。このようなチャートの時、高値をブレイクしたらかなりの値幅を狙えます。自分は300株ほど握っていたので、なかなか美味しかったです。
このように、チャートの動向がセオリー通りに動いていくような物は安心して見ていられますね。

次に失敗例です。こちらは日本エアーテック(6291)です。コロナ禍によってウィルスを外に出さない陰圧設備に注目が集まりました。

売り上げ予想も上々、第二Qの決算は大きく増進すると思われます。このチャートも途中までは逆三尊*といって、以前の高値を抜けたら青天井*になる銘柄でした。自分が入ったのは第3山を形成している時です。

*逆三尊は結論だけ言うと、これから上がるというサイン。

*青天井は上限なく上がり続けること。

異変に気づいたのは入ってからでした。異常な買い残と機関計7社による大規模な空売り*です。時価総額100億程度の企業にはあり得ないものです。結局、高値を抜けきれずにコレを書いている日には3桁にタッチするまで下落し、三尊天井という下降トレンドの有名チャートを形成して下降トレンドに入りました。

*空売りは保有していない株式を売りに出すこと。価格が下がったときに買戻しして儲けるやり方。

幸い、自分は高値をブレイク*できなかった時点で翌朝の寄りで利確しましたが、外れた時点で負けです。このようにチャートの形状だけでは分析しきれないこともあります。チャートとはあくまで過去の形跡で現在、将来がどうなるかを示したものではありません。沢山の試行回数から推移の可能性が高いというだけなのです。板気配と空売り情報から機関の存在を確認すべきでした。

*ブレイクは”break out”のことで、ある価格帯を超えるとそこから更に急騰することで、バブル相場の予兆。当サークルの名称の由来。

このように現在ではチャートを基本的な分析対象として(テクニカル分析)、最終的なポジションは板気配*を見ながら、といった感じです。まだまだ自分の分析眼は未熟なものですが、これからもチャートや板を見続けていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

カテゴリー
つみたて投資

~忙しい人に~ドルコスト平均法とは?

 こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

btfhdr

今回は投資家の技量に左右されない「ドルコスト平均法」のメリットや注意点を紹介します!

例の如く私の記事は太字だけ読んでいただければOKです。

次第

1、ドルコスト平均法とは?

2、実際の例を用いて説明

3、価格が下がったら?

4、相性の良い投資や注意点は?

5、まとめ

<ドルコスト平均法とは?>

ドルコスト平均法!と聞いてしまうと何やら難しそうですが、実際は非常に簡単で投資家の技量に関係なく使える手法ですので是非最後までお読みください。

ドルコスト平均法は別名「定額購入法」で、「定量購入法」としばしば比較されます。株式を毎月積み立てる際などに用いられる手法で、

簡単に言えば

高いときに少なく買って安いときに多く買う

というのを、より機械的に

誰がやっても結果が変わらないようにした

のです。

(安いときに少なくは誤りでした、安いときに多くと訂正しております。5/18訂正)

定額購入法で株式を積み立てる場合は、「何円分の株を買うか」を決めて買います。

定量購入法で株式を積み立てる場合は、「何株を買うか」を決めて買います。

恐らく字面で説明しても分かりづらいので、自作の図を用いて説明します。💦

<実際の例を用いて説明>

図1

図1では毎月3株ずつ買う定量購入法VS毎月3000円ずつ株を買う定額購入(ドルコスト平均)法を比べてみました。

定量購入法に比べてドルコスト平均法はより安い値段で多くの株を取得し、より高い値段では少ない株を取得しているのがわかります。その結果として同じく3ヶ月で9000円を投資したのに、ドルコスト平均法のほうが保有している株数が2株多いですね!

また株数の違いのみならず、ドルコスト平均法ではより安い値段で多くの株を買えているため一株当たりの利益も大きいというお得な買い方となっています!

要は得するってことだけ分かってほしい。

7月1日時点の損益は、定量購入法が4500円の利益、ドルコスト平均法が9000円の利益です。詳細は500円で買った株は1000円/一株の利益、1000円で買った株は500円/一株の利益を生んでいます。

次に価格が下がってしまった場合についても補足を加えます。

<価格が下がったときは?>

図2

こちらは下降局面のチャートになります。とは言っても先ほどの斜線を右下にしただけですが。

先ほどと同様に、ドルコスト平均法はより高い値段で少ない株を取得してより安い値段で多くの株を取得しているのがわかります。そして損益も、定量購入法がマイナス4500円に対し、ドルコスト平均法がマイナス3500円と損失を押さえられています。要は、

下がっても爆死しづらい

ってことです。

このように下降局面にも強いことがわかりますが、「どっちにしろ減ってるじゃん」と思われた方もいるはずです。それでも優位性があると考える根拠を提示します。

<相性の良い投資や注意点は?>

基本的にドルコスト平均法は長期・分散・積み立てで投資をすることによって、その名の通り購入価格(建値)を平均化することが大切です。短期的な積み立て投資ではどこかで高値で買った株があると引きずられて購入単価が高くなってしまうので、根気強く続けることが大切です。

また積み立て投資をする場合、2018年1月より始まった「つみたてNISA」の利用がおすすめです。年間40万円までの投資が、購入から20年間に及んで発生した利益に対して非課税となるのでお得ですよ。これについては次回記事で分かりやすく書きます。

つみたてNISA

https://ikesuit.com/2020/05/26/%e5%b0%91%e9%a1%8d%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%b3%e3%83%84%e2%99%ac%ef%bd%9eetf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%ef%bd%9e/

投資によって生じた利益には普通20%程度の税金が課されますので、少額で始めたいという方にとってはありがたいはずです。

そして注意点は暴落しても損切りをせず落ち着いて積み立て続けることです。日経平均史上最高の37000円から買い始めて大暴落を経験したとしても現在まで毎月積み立て続けていれば2014年にはプラスに転じるほどその効果は高いです。

リーマンショック時代の値段(8000円前後)でも落ち着いて買い続けた人は、今回のコロナショックで20000円を下回ったとしても余裕があります。

長期的にやるなら暴落は味方になるんです。

また市場経済が正常に機能し続ける限りは経済は成長し続ける前提で動いています。

同時に、世界中が20年~30年後も経済成長をしないと考える方は投資をすべきではありません。

さらに経済成長のスピードより株価の上昇のほうが大きいとされているので株式投資は魅力が高いです。さすがに日本やヨーロッパの先進国のように成熟しきって成長しなくなってしまった国は厳しいかもしれませんが、アメリカや先進国にはまだ未来があると思います。

アメリカや先進国投資は少ない会社に投資すると利益も期待できる分、倒産リスクが高いので、少額数十から数百に及ぶ会社に分散投資が可能な…

ETF(上場投資信託受益権)

つみたてNISA

の紹介を今後の記事にアップしようと思っています。

<まとめ>

本日はかなり長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。社会人でドルコスト平均法を使って毎月積み立て投資を行う人は多く、月に10分程度しか作業がないようです。私自身、歴史学が本業の人間ですのでいずれこちらの手法にシフトする可能性が高い一人でもあります。

先日読者より、「テーマの一貫性をもたせるためにカテゴリ分けしよう」との意見をいただきましたので、カテゴリの選択方法を紹介します。

ホームページを一番下までスワイプするとカテゴリを選んで記事を読めるようにしましたので、テーマを絞って読みたい方はぜひご利用ください。

*パソコンでも同様にHPの下の方にカテゴリ選択のボタンがあります。

幹事長_池田

カテゴリー
未分類

意外と身近??原油市場について!

目次

1、幹事長挨拶

2、原油のススメ

3、原油市場の現在は?~原油の価値がマイナス圏に?今が買い時?~

4、最後に

<幹事長挨拶>

 皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田と申します。

私の名前に由来するドメイン名にもかかわらず、これがわたくし初の投稿となります。

 先日の中村の記事はいかがでしたでしょうか?多少投資経験のある人からは好評でしたが、投資に関して知識が皆無の私の母からは「何を言っているのか分からない」とダメだしされてしまったので、私池田は少し専門性を下げて分かりやすいまとめの記事を出そうと思います。

<原油のススメ>

 さて、記念すべき私の初投稿のテーマは「原油」です。投資経験のない人や初心者の方は投資といえば何を思い浮かべますか?当サークルに入ってくる新入生のほとんどは株式や為替(FX)を挙げますし、私もそうでした。(笑)

 私自身も当初原油は”分からないから怖い”程度の理解しかなく、あまり意識しておりませんでした。

 しかし、原油および原油価格は我々の生活に意外と身近に結びついていますし、株式や為替の相場にも密接な影響を持っているので、食わず嫌いは勿体ないですよ。

*石油と原油の違いは、石油が総称で原油が地中から採取したままの石油のことを指すそうです。ベネッセより

 例えば、スマホやパソコンを動かす電気は原油による火力発電によって作られていますし、工場で物を生産するときや車のガソリンにも使われ、さらにトイレットペーパーやペットボトルにまで使用されており、人間の経済活動の中心となっています!要は、

原油ってめっちゃ重要

ってことです。

<原油市場の現在は?>

 直近の原油市場はTwitterでトレンド入りする歴史的な事件がありました。それは、

原油先物マイナス圏突入

です。

 先物は簡単に言うと期限付きの取引のことを言います。

〇原油の価値がマイナス圏に?

 先述の通り原油は人間の経済活動の中心となっていますが、その分経済活動が衰えるとその供給に対して需要が低下してしまいます。現在はCOVID-19の感染拡大に伴い、経済活動が急激に衰えてしまいました。

 原油は貯蔵に莫大なコストがかかるうえに産油国同士の競争があるために簡単に供給を減らす、すなわち減産は簡単に行えません。その結果、原油を保管しきれないリスクが出てきてしまい、

お金を払うからこの原油引き取ってください!

的な状況が予測されました。(笑)

 私もサークルの新入生たちと原油価格が暴落した日は徹夜でチャートを監視していましたが、「これで明日から原油が飲み放題♪」と言って盛り上がり待ってました💦

◯今が買い時?

 確かに原油価格が低下しましたが、かと言って原油のシェアを大きく揺るがすエネルギーが登場したわけではありません。すなわち経済活動が再開すれば現在よりは高い値段をつけることが期待できます。

 また産油国が減産をすると価格が高騰するためチャンスはたくさんあるかと思います。

<最後に>

 最後までお読みいただきありがとうございました。出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、未熟者ゆえ伝わりづらい点もあったかと思います。質問があればコメントに寄せていただければ、どんなに初歩的なことでもブログ内およびTwitterでお答えさせていただきます。

 今後は原油と産油国投資についての記事を書きたいと思いますので、ぜひ次回もご訪問願います。



カテゴリー
為替・FX

始めまして

日本時間4月30日3:00、FOMC(米国政策金利決定会合)

【ごあいさつ】

初めまして! 明治大学投資サークル「Break outs!」1年生の中村と申します。

今回から弊サークルでは新しい活動の一環として、ブログに相場の分析や反省をオムニバス形式で投稿していきたいとおもいます。

なお私はまったくの投資初心者です。今回の企画は、一年生が勉強のついでにその成果を公表しようという趣旨のもと行われていますので、間違いが多々見受けられるかもしれません。読者の皆様に有益な記事の作成を目指してはおりますが、至らぬ点があると思います。そのことを念頭に置いてご笑読ください。

【今回の話題はFOMC!】

今回はFOMCの発表(4月30日)とそれに連動した米ドル円の相場をみていきます。

結果から言えば

政策金利は据え置きで予想通り

ドル円は多少動いたものの、ほぼ無風状態

でした。

では以下で深く掘り下げていきたいとおもいます。

【FOMCとは?】

FOMCは連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)の略称です。語感はちんぷんかんぷんですが、アメリカの金融政策を決定する、日本でいうところの日銀政策決定会合のようなものです。

FOMCは年8回政策金利の発表を行います。この発表に連動して米ドルに関係する相場が動くことが多いので、トレーダーは必見の発表と言えますね

【政策金利が動くとどうなるの?】

政策金利が下がると、その国でお金を持っていても利息があまりつかないため儲かりません。そのためお金がその国から金利の高い国へ流れていくので為替レートは下がります。

つまり

政策金利↓だと為替レート↓

政策金利↑だと為替レート↑

になるといえますね。

もちろんこれとは外れた結果になることもかなりありますが、基本的な考え方は以上の通りになります。

【今回の結果は?】

今回の発表では、アメリカの政策金利は据え置きの0.25%となりました。これを受けたドル円は一瞬大きくドル安へ動きましたが、その後数分で大部分戻し、横ばいになったあと、もとの値を回復しました。(具体的な数値は割愛します)

「大きく」と書きましたが、熟練の先輩曰く小さい方らしいです。以前の発表では今回の数倍の値幅をつけたこともあり、それを考えれば今回はほぼ無風状態といってよいのではないのでしょうか。

FRBのパウエル議長が、政策金利発表後3:30(日本時間)に会見します。およそ10分間原稿を読み上げて、3:40から質疑応答です。質疑応答の内容によっては相場が急変することもありますので、株や為替の取引をされる方は気を付けましょう。コツはパウエル議長の口の動きを真似して、単語を推測することです。先輩曰く「英語分からないならカメラのフラッシュが激しくなったら注意」とのことです。(笑)今はオンライン会見なので英語を勉強しましょう。

DMMFXプレミアチャーより引用

【理由の考察】

今回はなぜ発表とともにドル安となったのか?そしてなぜ値幅は小さかったのか?そのことについて、素人考えながらも考察していきたいと思います。

まず、今回の金利は事前に予測されていた値と同じであり、また前回の値と同じでした。そのため普通に考えれば売り方向にも買い方向にも影響しないはずです。

ではなぜドル安になったのか。私は「マイナス金利の期待」が影響したのではないかと勝手ながら考えています。今回はコロナ禍により経済活動が大きく締め付けられているなかでの発表となりました。そのためFOMCはもちろん景気を刺激する方向に舵を取りたかったはずです。しかし現状はすでに超低金利と言っていい状態にあります。このような環境でさらに景気を促進するには?その答えとして一部ではマイナス金利に期待する動きが若干あったのではないかと思います。

つまり、発表の少し前にマイナス金利を期待した売りが入り、それが相場を方向づけ一瞬ドル安になったあと、結果据え置きであったため再びもどした、という筋書きを考えました。こう考えると値幅の小ささも納得できると思います。

ただ、単純にランダムであったというのが妥当だとはおもいますが…

【おわりに】

今回のFOMC発表は据え置きとなりましたが、現在世界的にアフターコロナを見越した出口戦略が行われつつあります。これを見極め、いかに便乗するかが今後のカギとなるのではないでしょうか。そのことを考慮にいれ、次の発表を待ちたいと思います。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

https://mobile-webview.gmail.com/892299973/-8451665578297837650#m_-3278829818619677820_