カテゴリー
米国株

コロナショック全回復!ハイテクセクターとは?銘柄紹介その2

こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

先日は「なぜ経済は止まっているのに~」の記事をお読みいただきありがとうございました。分かりやすいと評価を受けたので調子に乗って続編をあげます。なお、聞き飽きて耳にタコができそうですが、今回も太文字だけ読んでくださればいいです

全部読みコース☞20分、太文字コース☞3分

前回記事リンク☞https://wp.me/pbZmm5-6i

先日の記事では、KO㈱コカ・コーラの株を紹介しました。米国株のコカ・コーラの紹介でしたが、読者に明治大生が多いことを加味して、日本の事業(檸檬堂🍋)を紹介してみました。混同したらごめんなさい、反省してません。

ブログがパクられた、内容が(バカ過ぎて)ヤバイのでご紹介 | 過ぎ ...
https://www.irasutoya.com/2019/06/blog-post_66.html

次第

1、なぜハイテクセクターなのか

※略称紹介

2、GAFAMのやり方

3、銘柄紹介

4、株で儲ける戦略

5、今後の着眼点

6、ひとこと

〇なぜハイテク?

今回注目したのは、、、

ハイテクセクター

ハイテクノロジー(高度先端技術)セクター(業種)のことを言い、ここ数十年で台頭した新しい技術をもとに事業を行う業種のことを指し、有名どころで言えば俗にいうGAFAM(Google/Amazon/Facebook/Apple/Microsoft)が良い例だと思います。要するに、

新しくて頭よさそうなやつ

です。かっこいいですよね()

※以降、略称を用いる。

Google=GOOGL/Amazon=AMZN/Facebook=FB/Apple=APPL/Microsoft=MSFT

〇GAFAMのやり方

GAFAMはその豊富な資金力と人材力に基づき、ハイテク分野で参入してきた新興企業の競争力を削ぐことによって大きなシェアを保有し続けています。今新興勢力として名乗りを上げているのは、何と言っても、、、

㈱Zoom

引用元☞Yahoo! finance

ご覧の通り最近明治大学の講義でも用いられているZoomは、コロナショック以降ものすごい勢いで株価を上げていますが、GOOGLのHangouts MeetやMSFTのTeamsなどが対抗しており、現在Zoomがこれだけ堅調にも関わらず、いつまで持つかは分からないと言われています。まあ要するに、、、

GAFAMはとりま最強

〇銘柄紹介

ここまでを見ると、「じゃあGAFAM推し?」と思われたでしょうが、違います。今回注目したのは先ほど少し登場した、、、

㈱MSFT

マイクロソフトってなに?という方はあまりいないと思います。明治大学生の場合、マイクロソフト社の”Office”を無料でダウンロードできるので、レポートの提出やプレゼンの制作にしばしば用いることもあるでしょう。

マイクロソフト製品と言えば、子供から大人まで大人気のゲーム、“Xbox”が年内に新型が発売される予定です。訴えられたら怖いのでXboxの写真は貼れません、、、代わりにいらすとや様のフリー画像を参考にしてください。

壊れた携帯ゲーム機で遊ぶ子供のイラスト | かわいいフリー素材集 ...
https://www.irasutoya.com/2016/02/blog-post_916.html

ちゃんとリンク貼るので許してください何でもしますから!(何でもするとは言ってない)

XboxのHPリンクはこちら☞https://www.xbox.com/ja-JP/games/xbox-360

ここから次の⚠まで少し難しいこと書きますので飛ばしてもいいです。

1⃣GAFAM比較

ここでGAFAMの現在の株価コロナ前の高値と比較してみます。

※あくまで私の概算ですが

①FacebookとAmazonがそれぞれ+13%と+7%

②Googleはー7%

③➊Appleと❷Microsoft が-1%とー4%

①FB/AMZN

FacebookとAmazonは高値を更新していて投資妙味がなく、②と③はまだ超えておらず、この3社から高値を超える期待ができるものを買いたいと思いました。

②GOOGL

Googleが唯一戻っていないのには何か理由があると考え、回避しました。戻らないのには、広告主となる企業が減り広告収入が減少したからだと考えています。

⑴広告収入が売り上げの86%を占めている。参考記事

⑵また外部のアドバイザが役員報酬が高すぎるので株主たちに役員へ反対をするよう訴えた。ロイター通信の参考記事リンク(English)

もしやグーグルはちょっとピンチ?

このブログ、、、Google Adsense審査中なんですが、、、仕方ない。

AI面接のイラスト
https://www.irasutoya.com/2019/10/ai.html

③APPL/MSFT

❶Apple

2019年12月~2020年3月期

売上高☞+0.51%

純利益☞ー2.7%

フリーCF☞ー8.89%

❷Microsoft

2020年1月~3月期

売上高☞+14.56%(前年同期比2ケタ増収)

純利益☞+22.06%

フリーCF☞+44.4%(過去6年で最高)

決算の見方が分からない人でも、Microsoftのほうが”良さそう”と思うのではないでしょうか。

コロナショック下でも利益をあげつつフリーキャッシュフローが増加し、自己資本比率が40.11%に上がっているので、万一第二次コロナショック(仮称)が来た場合、第一次コロナショック(仮称)での実績と豊富な内部留保からむしろ世界中の資金が集中するのではないかと思います。各社の業績(主にEPSと自己資本比率)を比較すると、Microsoftが成長性と安全性をのバランスは、Appleとの比較のみならずGAFAM全体でも優れていると考えます。乱暴に言うと、

MSFTがバランスよさげ

と私は判断しました。

2⃣参考

引用元☞Yahoo! finance

私はコロナ前の高値水準をブレイクアウト(上抜け)すると考えています。

付け加えると、やっぱり自分が日常で触れる物について調べたほうが実感が湧きます。

⚠ここまで飛ばしてください。

〇戦略

実際の株式市場に目を向けてみましょう。

株式投資は主に二種類のやり方があり、①バリュー株投資と②グロース株投資です。

①バリュー株投資

バリュー株投資は、企業のバリュエーションすなわち株価が不相応に割安であると見込んだ時に株を買っておき、将来の上昇に賭けます。企業の業績や財務を分析することが大切です。要するに、

なぜか安い株を買う。

②グロース株投資

グロース株投資は長期的に成長を続けていて、将来の更なる期待が織り込まれて業績や財務に対して割高になっている株式を買います。割高な分、コロナショックのような全面安の局面では大きく下落しますが、反発する力も大きいです。これは短期投資で頻繁に売買する人にとっては(特にデイトレは非常に不利なのですが、長期投資でやるならば下落局面はむしろ買い足すチャンスです。要するに、

わざと割高なやつを買う。

そして、

割高なのには訳がある

ということをしっかり理解しましょう。

そして驚くべきは、世界最強と言われるGAFAMの株式たちがさらなる成長を期待されて株価が上がり続けているということです。そしてそこにマイクロソフトを加えた”GAFAM”5社の時価総額は、東証1部の2000社の全株式の時価総額合計を上回っています。(2020年6月3日現在)もはや、、

地球是GAFA的东西哈哈哈!!

地球は彼らの物なんですかね、、、

〇今後の着眼点

私はデイトレ(1日に何度も売買を繰り返すこと)をしません。そのためZoomのような新興で安心して寝れるとは言えない銘柄には投資できません。

前回と今回の記事で、それぞれ消費財のコカ・コーラ、ハイテクセクターのMicrosoftを取り上げましたが、今後は5G関連株に注目してみたいと思います。皆さんは次回記事までに私が大好きなフェルミ研究所の動画で予習しておいてください()

https://www.youtube.com/watch?v=vy8gskp3qG8

〇ひとこと

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

私は日本人が投資を嫌う傾向にあるのは、義務教育や高等学校でお金について学ぶ機会が少ないがゆえに投資詐欺やそれに準ずるものが横行してしまっている。そして人々がよりお金について考えることを嫌うから、また騙される人がいる。

要するに、お金について考えたり学んだりしないことが問題の本質なのに、逆に「怖いから」という感情論だけで逃げ続ければ、もし自分の尊敬する先輩や大切な友人に美味い話を持ち掛けられたときどうやって身を守れるものか。そこが最大の盲点であると考えます。

私たちの代で”お金を知らない日本人”はやめにしませんか?むしろ海外のマーケットから日本にお金を持ってくるぐらいになって、もう一度日本を世界一にしませんか?

ブログを気に入っていただけたら、あなたの家族にも見せてさしあげてください。私も”お金を知らない日本人”の一人である私の母にも伝わるような記事づくりを目指しています。

Twitterとブログのフォローをお願いします。

Breakouts!幹事長_池田慶吾

#ff5500 #ff0057

カテゴリー
米国株

何故経済は止まってるのに、株は上がっているのか。銘柄紹介その1

皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

最近米国株について調べていますので拙いですが、その経過報告の一環として記事にしてみようという試みです。今回もまた例の如く太文字だけ読んでくださればありがたいです。

次第

1、コロナショック~パンデミック~

2、なぜ株高になるのか、~安いからとりあえず買い??~

3、なぜ株高になるのか、~お金じゃぶじゃぶ諭吉風呂~

4、なぜ今米国市場なのか。

5、注目した銘柄

6、まとめ

コロナショック

無料公開&DL】新型コロナウィルスの3Dモデル | アプリ開発ラボマガジン

引用元リンク

世界中で流行したコロナウイルス感染症は金融市場全体に大きな打撃を与えました。株式・為替・金・仮想通貨・不動産、、、など多くの分野から資金が撤退していきました。金や仮想通貨は完全に戻っていますが。

安いから買い?

今年2月末、コロナショックで株式市場全体が低迷しましたが、6月1日現在は半値以上戻しております。下のチャートはアメリカの代表的な企業500社の株価の平均を算出した指数です。

引用元☞https://jp.tradingview.com/symbols/SPX/

この背景には、コロナショックで相場から退場した人々に代わって、それまで株をやったことない人たちが「安いうちに買えば勝てるのでは??」と考えて投資を始めるブームが起き、楽天証券では新規口座開設数が史上最多の10万件になったほどで、要するに

新しいお金が参入し続けて相場を押し上げている。

といった状態です。

諭吉風呂

急に低俗なタイトルになってすみません、反省してません。

また、株式市場を押し上げる要因となっているのは、各国中央銀行の金融緩和政策です。

金融緩和という言葉をご存じでしょうか?ニュースでしばしば聞くことがあってもよく分からないという人が多い印象です。金融緩和には主に二種類のものが存在し、(1)QE(2)金利引き下げ

(1)量的緩和(QE=Quantitative Easing)

量的緩和は、貨幣の流通量を増やすことによって、お金を循環させて景気をよくするという方法で、要するに、

いっぱいお金刷るからみんな使ってね!

ということです。なおその金銭はほぼ金融市場に向かっているため実体経済すなわち普段の生活は裕福になっていませんが。

(2)金利引き下げ

政策金利の引き下げは、お金の貸し借りをする際の利子が安くなることを意味します。世界中の多くの企業が銀行からお金を借りて営業しており、その金利が下がることは返済の負担が減ることになり、積極的な事業拡大をしやすくなります。現在はアメリカが0金利であったり日本やスイスがマイナス金利です。要するに、

銀行はお金貸さないと潰れるよ

という圧力をかけているのです。

その結果、景気回復を期待した投資家による株式の購入が進み株高になっているということです。

【投資詐欺注意勧告】あなたの家族を守ってください。

従来の銀行業は顧客の預金を預かりそこに利息が付くことで利益を上げていましたが、現在は金利が低すぎて収益状況が悪化したため、悪質な金融商品を顧客に売りつけるような風潮まで出てきました。

*下のリンクは脳梗塞の高齢者に投資信託を押し売りして3千万円損失を出させた事件の記事です。ひどすぎて言葉を失いますが、証券マンはコロナウイルスが去っても絶対に三密を避けないといけないですね。

引用元☞https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_mixi201807_post-12998/

なぜ米国なのか。

現状の株式市場はやや堅調と言えども、コロナショックの第二波などの到来を考えると不安で身動きがとりづらいかもしれません。しかしながら、コロナショック明けのことを考えて長期的に投資していくのはどうでしょうか。

リーマンショックやチャイナショックなど数々の危機を乗り越えて上昇し続けてきたアメリカの株式をお勧めします。世界経済の危機が来ると、一度アメリカを含むすべての国の株価指数が低迷しますが、「投資効率が一番マシな国」に資金が集中するというロジックがあるからです。

日本史を知っている方に向けて例えを言うなら、恐慌が来るたびに四大財閥が倒産した会社の事業を吸収して肥大化するといった感じで、よりグローバル化した2020年現在の経済ではアメリカに世界中の資金が向かってかえってアメリカ一強の傾向が強まっていくと私は考えています。

そこでコロナショックからのいち早い立ち直りが期待できる、日常生活で常に消費し続ける”消費財”に目を付けました。

注目した銘柄

今回注目したのは、、、

㈱コカ・コーラ

皆さんはコカ・コーラを飲んだことはありますでしょうか?恐らく日本人のみならず世界中の多くの人がコカ・コーラを飲んだことがあるかと思います。また、㈱コカ・コーラはコーラ以外にも炭酸飲料・コーヒー・お茶・スポーツドリンクなど様々な種類の飲料を取り扱っています。大学生が大好きな檸檬堂もコカ・コーラですね(笑)

コカ・コーラ社の製品開発「檸檬堂」篇]コカ・コーラ社から、レモン ...

引用元☞https://www.cocacola.co.jp/stories/backstory_lemondo

~今後の見通し~

直近のコカ・コーラのチャートを見てみましょう。

チャート画像

引用元☞https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/KO

コロナショックを受けて他の企業と同様に非常に安い値段をつけていますが、飲料販売が中心となっているコカ・コーラは、その長い歴史で作り上げてきたブランド力も相まって収益の回復が早いと予測しています。

現状はやはりマクドナルドなどのフードサービスへの供給量が減っていることで不調ですが、その点だけ復活すれば回復基調に乗るのではないかと考えています。

米国株の成長に期待しての投資ですから、短期的な下落が来たら狼狽売りをせず落ち着いて買い増し、上昇した場合は資金力があればホールド出来れば利益があげられるかといます。そのため、出来れば口座残高に3分の1以上は残しておきましょう💦

長期投資の参考になれば幸いです。

まとめ

本日は比較的長い記事となりましたが、最後まで読んでくださいましてありがとうございます。これから米国株投資について記事を投稿していきますのでブログのチェックをよろしくお願いします。

カテゴリー
つみたて投資

~忙しい人に~ドルコスト平均法とは?

 こんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

btfhdr

今回は投資家の技量に左右されない「ドルコスト平均法」のメリットや注意点を紹介します!

例の如く私の記事は太字だけ読んでいただければOKです。

次第

1、ドルコスト平均法とは?

2、実際の例を用いて説明

3、価格が下がったら?

4、相性の良い投資や注意点は?

5、まとめ

<ドルコスト平均法とは?>

ドルコスト平均法!と聞いてしまうと何やら難しそうですが、実際は非常に簡単で投資家の技量に関係なく使える手法ですので是非最後までお読みください。

ドルコスト平均法は別名「定額購入法」で、「定量購入法」としばしば比較されます。株式を毎月積み立てる際などに用いられる手法で、

簡単に言えば

高いときに少なく買って安いときに多く買う

というのを、より機械的に

誰がやっても結果が変わらないようにした

のです。

(安いときに少なくは誤りでした、安いときに多くと訂正しております。5/18訂正)

定額購入法で株式を積み立てる場合は、「何円分の株を買うか」を決めて買います。

定量購入法で株式を積み立てる場合は、「何株を買うか」を決めて買います。

恐らく字面で説明しても分かりづらいので、自作の図を用いて説明します。💦

<実際の例を用いて説明>

図1

図1では毎月3株ずつ買う定量購入法VS毎月3000円ずつ株を買う定額購入(ドルコスト平均)法を比べてみました。

定量購入法に比べてドルコスト平均法はより安い値段で多くの株を取得し、より高い値段では少ない株を取得しているのがわかります。その結果として同じく3ヶ月で9000円を投資したのに、ドルコスト平均法のほうが保有している株数が2株多いですね!

また株数の違いのみならず、ドルコスト平均法ではより安い値段で多くの株を買えているため一株当たりの利益も大きいというお得な買い方となっています!

要は得するってことだけ分かってほしい。

7月1日時点の損益は、定量購入法が4500円の利益、ドルコスト平均法が9000円の利益です。詳細は500円で買った株は1000円/一株の利益、1000円で買った株は500円/一株の利益を生んでいます。

次に価格が下がってしまった場合についても補足を加えます。

<価格が下がったときは?>

図2

こちらは下降局面のチャートになります。とは言っても先ほどの斜線を右下にしただけですが。

先ほどと同様に、ドルコスト平均法はより高い値段で少ない株を取得してより安い値段で多くの株を取得しているのがわかります。そして損益も、定量購入法がマイナス4500円に対し、ドルコスト平均法がマイナス3500円と損失を押さえられています。要は、

下がっても爆死しづらい

ってことです。

このように下降局面にも強いことがわかりますが、「どっちにしろ減ってるじゃん」と思われた方もいるはずです。それでも優位性があると考える根拠を提示します。

<相性の良い投資や注意点は?>

基本的にドルコスト平均法は長期・分散・積み立てで投資をすることによって、その名の通り購入価格(建値)を平均化することが大切です。短期的な積み立て投資ではどこかで高値で買った株があると引きずられて購入単価が高くなってしまうので、根気強く続けることが大切です。

また積み立て投資をする場合、2018年1月より始まった「つみたてNISA」の利用がおすすめです。年間40万円までの投資が、購入から20年間に及んで発生した利益に対して非課税となるのでお得ですよ。これについては次回記事で分かりやすく書きます。

つみたてNISA

https://ikesuit.com/2020/05/26/%e5%b0%91%e9%a1%8d%e3%81%a4%e3%81%bf%e3%81%9f%e3%81%a6%e3%82%b3%e3%83%84%e3%82%b3%e3%83%84%e2%99%ac%ef%bd%9eetf%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%ef%bc%9f%ef%bd%9e/

投資によって生じた利益には普通20%程度の税金が課されますので、少額で始めたいという方にとってはありがたいはずです。

そして注意点は暴落しても損切りをせず落ち着いて積み立て続けることです。日経平均史上最高の37000円から買い始めて大暴落を経験したとしても現在まで毎月積み立て続けていれば2014年にはプラスに転じるほどその効果は高いです。

リーマンショック時代の値段(8000円前後)でも落ち着いて買い続けた人は、今回のコロナショックで20000円を下回ったとしても余裕があります。

長期的にやるなら暴落は味方になるんです。

また市場経済が正常に機能し続ける限りは経済は成長し続ける前提で動いています。

同時に、世界中が20年~30年後も経済成長をしないと考える方は投資をすべきではありません。

さらに経済成長のスピードより株価の上昇のほうが大きいとされているので株式投資は魅力が高いです。さすがに日本やヨーロッパの先進国のように成熟しきって成長しなくなってしまった国は厳しいかもしれませんが、アメリカや先進国にはまだ未来があると思います。

アメリカや先進国投資は少ない会社に投資すると利益も期待できる分、倒産リスクが高いので、少額数十から数百に及ぶ会社に分散投資が可能な…

ETF(上場投資信託受益権)

つみたてNISA

の紹介を今後の記事にアップしようと思っています。

<まとめ>

本日はかなり長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。社会人でドルコスト平均法を使って毎月積み立て投資を行う人は多く、月に10分程度しか作業がないようです。私自身、歴史学が本業の人間ですのでいずれこちらの手法にシフトする可能性が高い一人でもあります。

先日読者より、「テーマの一貫性をもたせるためにカテゴリ分けしよう」との意見をいただきましたので、カテゴリの選択方法を紹介します。

ホームページを一番下までスワイプするとカテゴリを選んで記事を読めるようにしましたので、テーマを絞って読みたい方はぜひご利用ください。

*パソコンでも同様にHPの下の方にカテゴリ選択のボタンがあります。

幹事長_池田

カテゴリー
未分類

意外と身近??原油市場について!

目次

1、幹事長挨拶

2、原油のススメ

3、原油市場の現在は?~原油の価値がマイナス圏に?今が買い時?~

4、最後に

<幹事長挨拶>

 皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田と申します。

私の名前に由来するドメイン名にもかかわらず、これがわたくし初の投稿となります。

 先日の中村の記事はいかがでしたでしょうか?多少投資経験のある人からは好評でしたが、投資に関して知識が皆無の私の母からは「何を言っているのか分からない」とダメだしされてしまったので、私池田は少し専門性を下げて分かりやすいまとめの記事を出そうと思います。

<原油のススメ>

 さて、記念すべき私の初投稿のテーマは「原油」です。投資経験のない人や初心者の方は投資といえば何を思い浮かべますか?当サークルに入ってくる新入生のほとんどは株式や為替(FX)を挙げますし、私もそうでした。(笑)

 私自身も当初原油は”分からないから怖い”程度の理解しかなく、あまり意識しておりませんでした。

 しかし、原油および原油価格は我々の生活に意外と身近に結びついていますし、株式や為替の相場にも密接な影響を持っているので、食わず嫌いは勿体ないですよ。

*石油と原油の違いは、石油が総称で原油が地中から採取したままの石油のことを指すそうです。ベネッセより

 例えば、スマホやパソコンを動かす電気は原油による火力発電によって作られていますし、工場で物を生産するときや車のガソリンにも使われ、さらにトイレットペーパーやペットボトルにまで使用されており、人間の経済活動の中心となっています!要は、

原油ってめっちゃ重要

ってことです。

<原油市場の現在は?>

 直近の原油市場はTwitterでトレンド入りする歴史的な事件がありました。それは、

原油先物マイナス圏突入

です。

 先物は簡単に言うと期限付きの取引のことを言います。

〇原油の価値がマイナス圏に?

 先述の通り原油は人間の経済活動の中心となっていますが、その分経済活動が衰えるとその供給に対して需要が低下してしまいます。現在はCOVID-19の感染拡大に伴い、経済活動が急激に衰えてしまいました。

 原油は貯蔵に莫大なコストがかかるうえに産油国同士の競争があるために簡単に供給を減らす、すなわち減産は簡単に行えません。その結果、原油を保管しきれないリスクが出てきてしまい、

お金を払うからこの原油引き取ってください!

的な状況が予測されました。(笑)

 私もサークルの新入生たちと原油価格が暴落した日は徹夜でチャートを監視していましたが、「これで明日から原油が飲み放題♪」と言って盛り上がり待ってました💦

◯今が買い時?

 確かに原油価格が低下しましたが、かと言って原油のシェアを大きく揺るがすエネルギーが登場したわけではありません。すなわち経済活動が再開すれば現在よりは高い値段をつけることが期待できます。

 また産油国が減産をすると価格が高騰するためチャンスはたくさんあるかと思います。

<最後に>

 最後までお読みいただきありがとうございました。出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、未熟者ゆえ伝わりづらい点もあったかと思います。質問があればコメントに寄せていただければ、どんなに初歩的なことでもブログ内およびTwitterでお答えさせていただきます。

 今後は原油と産油国投資についての記事を書きたいと思いますので、ぜひ次回もご訪問願います。