カテゴリー
米国株

何故経済は止まってるのに、株は上がっているのか。銘柄紹介その1

皆さんこんにちは、「Breakouts!」幹事長の池田です。

最近米国株について調べていますので拙いですが、その経過報告の一環として記事にしてみようという試みです。今回もまた例の如く太文字だけ読んでくださればありがたいです。

次第

1、コロナショック~パンデミック~

2、なぜ株高になるのか、~安いからとりあえず買い??~

3、なぜ株高になるのか、~お金じゃぶじゃぶ諭吉風呂~

4、なぜ今米国市場なのか。

5、注目した銘柄

6、まとめ

コロナショック

無料公開&DL】新型コロナウィルスの3Dモデル | アプリ開発ラボマガジン

引用元リンク

世界中で流行したコロナウイルス感染症は金融市場全体に大きな打撃を与えました。株式・為替・金・仮想通貨・不動産、、、など多くの分野から資金が撤退していきました。金や仮想通貨は完全に戻っていますが。

安いから買い?

今年2月末、コロナショックで株式市場全体が低迷しましたが、6月1日現在は半値以上戻しております。下のチャートはアメリカの代表的な企業500社の株価の平均を算出した指数です。

引用元☞https://jp.tradingview.com/symbols/SPX/

この背景には、コロナショックで相場から退場した人々に代わって、それまで株をやったことない人たちが「安いうちに買えば勝てるのでは??」と考えて投資を始めるブームが起き、楽天証券では新規口座開設数が史上最多の10万件になったほどで、要するに

新しいお金が参入し続けて相場を押し上げている。

といった状態です。

諭吉風呂

急に低俗なタイトルになってすみません、反省してません。

また、株式市場を押し上げる要因となっているのは、各国中央銀行の金融緩和政策です。

金融緩和という言葉をご存じでしょうか?ニュースでしばしば聞くことがあってもよく分からないという人が多い印象です。金融緩和には主に二種類のものが存在し、(1)QE(2)金利引き下げ

(1)量的緩和(QE=Quantitative Easing)

量的緩和は、貨幣の流通量を増やすことによって、お金を循環させて景気をよくするという方法で、要するに、

いっぱいお金刷るからみんな使ってね!

ということです。なおその金銭はほぼ金融市場に向かっているため実体経済すなわち普段の生活は裕福になっていませんが。

(2)金利引き下げ

政策金利の引き下げは、お金の貸し借りをする際の利子が安くなることを意味します。世界中の多くの企業が銀行からお金を借りて営業しており、その金利が下がることは返済の負担が減ることになり、積極的な事業拡大をしやすくなります。現在はアメリカが0金利であったり日本やスイスがマイナス金利です。要するに、

銀行はお金貸さないと潰れるよ

という圧力をかけているのです。

その結果、景気回復を期待した投資家による株式の購入が進み株高になっているということです。

【投資詐欺注意勧告】あなたの家族を守ってください。

従来の銀行業は顧客の預金を預かりそこに利息が付くことで利益を上げていましたが、現在は金利が低すぎて収益状況が悪化したため、悪質な金融商品を顧客に売りつけるような風潮まで出てきました。

*下のリンクは脳梗塞の高齢者に投資信託を押し売りして3千万円損失を出させた事件の記事です。ひどすぎて言葉を失いますが、証券マンはコロナウイルスが去っても絶対に三密を避けないといけないですね。

引用元☞https://www.excite.co.jp/news/article/Bizjournal_mixi201807_post-12998/

なぜ米国なのか。

現状の株式市場はやや堅調と言えども、コロナショックの第二波などの到来を考えると不安で身動きがとりづらいかもしれません。しかしながら、コロナショック明けのことを考えて長期的に投資していくのはどうでしょうか。

リーマンショックやチャイナショックなど数々の危機を乗り越えて上昇し続けてきたアメリカの株式をお勧めします。世界経済の危機が来ると、一度アメリカを含むすべての国の株価指数が低迷しますが、「投資効率が一番マシな国」に資金が集中するというロジックがあるからです。

日本史を知っている方に向けて例えを言うなら、恐慌が来るたびに四大財閥が倒産した会社の事業を吸収して肥大化するといった感じで、よりグローバル化した2020年現在の経済ではアメリカに世界中の資金が向かってかえってアメリカ一強の傾向が強まっていくと私は考えています。

そこでコロナショックからのいち早い立ち直りが期待できる、日常生活で常に消費し続ける”消費財”に目を付けました。

注目した銘柄

今回注目したのは、、、

㈱コカ・コーラ

皆さんはコカ・コーラを飲んだことはありますでしょうか?恐らく日本人のみならず世界中の多くの人がコカ・コーラを飲んだことがあるかと思います。また、㈱コカ・コーラはコーラ以外にも炭酸飲料・コーヒー・お茶・スポーツドリンクなど様々な種類の飲料を取り扱っています。大学生が大好きな檸檬堂もコカ・コーラですね(笑)

コカ・コーラ社の製品開発「檸檬堂」篇]コカ・コーラ社から、レモン ...

引用元☞https://www.cocacola.co.jp/stories/backstory_lemondo

~今後の見通し~

直近のコカ・コーラのチャートを見てみましょう。

チャート画像

引用元☞https://stocks.finance.yahoo.co.jp/us/chart/KO

コロナショックを受けて他の企業と同様に非常に安い値段をつけていますが、飲料販売が中心となっているコカ・コーラは、その長い歴史で作り上げてきたブランド力も相まって収益の回復が早いと予測しています。

現状はやはりマクドナルドなどのフードサービスへの供給量が減っていることで不調ですが、その点だけ復活すれば回復基調に乗るのではないかと考えています。

米国株の成長に期待しての投資ですから、短期的な下落が来たら狼狽売りをせず落ち着いて買い増し、上昇した場合は資金力があればホールド出来れば利益があげられるかといます。そのため、出来れば口座残高に3分の1以上は残しておきましょう💦

長期投資の参考になれば幸いです。

まとめ

本日は比較的長い記事となりましたが、最後まで読んでくださいましてありがとうございます。これから米国株投資について記事を投稿していきますのでブログのチェックをよろしくお願いします。

カテゴリー
日本株

大学から始めた☆株式投資☆

初めまして、「Breakouts!」2年の桑原遼です。

fx学内対抗戦をフルレバで遊んでいたら思わぬ爆益になってしまい、急遽白羽の矢が立ちましたので僭越ながら投資歴1年の自分の経験と今どんな所を見ているかを書かせていただきます。

次第

1、株式投資を始めたころ~惨憺たる敗北編~

2、便乗手法を覚える~空しき勝利~

3、上級者への道~直近の取引~

4、まとめ

<惨憺たる敗北>

投資を始めたばかりの頃は株式投資の本を分からないなりに読み漁りました。その結果は惨憺たるものでした。


ファンダ分析*で買っているのか、それともテクニカル分析*で買っているのかがグチャグチャになって判断を鈍らせ、利確*するにも損切り*するにも判断が遅くなってました。特に損切り場面では、テクニカルを根拠に入った時、チャートは売り一択なのにファンダは悪くないからナンピン*してみるか、という思考になると大きく含み損を抱えることになります。

*ファンダ分析は企業の業績などを根拠、テクニカル分析は値動きを根拠とする分析。

*利確は利益が出ている株を売り払うこと、損切りは損失が出ている株を売り払うこと。

*ナンピンは損失が出ているときに、追加で購入すること。


個人的な見解であることを理解して頂きたいのですが、最初からいろんな手法に手を出すには株は難しすぎます。始めてから手法を模索するよりも何にするか固めてから始めることを強くお薦めします。情報量が多すぎて処理しきれないと思います。


<空しき勝利>

次にTwitterの有名株クラのアカウントを片っ端からフォローして、買い煽りに乗ってみました。

これは意外と悪くない結果でした。当たり外れはあるものの、言われた通りの株を買ってみたらなんとなく利益がでたんです。

(某狼さんみたいにサロンを開かれたら入ってたかも、、、)Twitterで買い煽りしてるようなアカウントの運営者は投資歴が長い人々で、確かに分析力は凄いです。今でも自分なら見向きもしない銘柄を探し出してTwitterに載っけてます。

ただ、勿論彼らが善意でやってるわけないって事は皆さんもわかると思います。彼らは買い煽るはるか前に安値で仕込みを終わらせ、買い煽りに乗ってきた人々が増えてきたら静かに抜けていきます。もし落ちてきても魔法のフレーズ「ここ押し目*です!」って言えば素直に買い向かっていく人が多いんですよね。その間に彼らは何回転かして利食って終わり。残るのは高値掴みで逃げそびれ、塩漬け*にさせられる初心者だけです。

*押し目は株価が上昇する前に少しだけ下がっているときのこと、要するに買い時。

*塩漬けは損失が出ている株式を放置すること。

Twitterの情報だけで売買しようとしている人は結局、入る時も抜ける時も根拠がないんです。抜ける時は誰も言ってくれないので自分で判断しないといけないのですが、

根拠が無いので売り抜けるにも抜けるラインが決められないんですね。

現在の自分は彼らが見ている株からどんなテーマに注目しているか、銘柄を勧めていても自分の判断基準にかなうかを分析してから入るようにしてます。

<直近の取引>

そして現在です。自分は個別株を殆どテクニカルだけで取引してきましたので(決算とかIRには目を通しますが)、ここ最近の取引履歴から分かりやすいものを成功例と失敗例をご紹介したいと思います。

まずは成功例です。下のチャートはオンコリスバイオファーマ(4588)の日足チャートです。この銘柄はバイオ*銘柄(笑)のアンジェス*と違って抗がん剤などの開発に携わるガチバイオ銘柄です。

*バイオテクノロジーの略、関連銘柄はふと急騰しやすい。

*アンジェスは最近話題のバイオ、研究員3人とかなのにコロナ治療薬作りますって言っただけで株が上がっている。それに乗じて株を発行してお金もらってるから”株券印刷会社”と揶揄される。

自分がこのチャートを見たとき、安値が切り上がった綺麗な三角持ち合いでした。このようなチャートの時、高値をブレイクしたらかなりの値幅を狙えます。自分は300株ほど握っていたので、なかなか美味しかったです。
このように、チャートの動向がセオリー通りに動いていくような物は安心して見ていられますね。

次に失敗例です。こちらは日本エアーテック(6291)です。コロナ禍によってウィルスを外に出さない陰圧設備に注目が集まりました。

売り上げ予想も上々、第二Qの決算は大きく増進すると思われます。このチャートも途中までは逆三尊*といって、以前の高値を抜けたら青天井*になる銘柄でした。自分が入ったのは第3山を形成している時です。

*逆三尊は結論だけ言うと、これから上がるというサイン。

*青天井は上限なく上がり続けること。

異変に気づいたのは入ってからでした。異常な買い残と機関計7社による大規模な空売り*です。時価総額100億程度の企業にはあり得ないものです。結局、高値を抜けきれずにコレを書いている日には3桁にタッチするまで下落し、三尊天井という下降トレンドの有名チャートを形成して下降トレンドに入りました。

*空売りは保有していない株式を売りに出すこと。価格が下がったときに買戻しして儲けるやり方。

幸い、自分は高値をブレイク*できなかった時点で翌朝の寄りで利確しましたが、外れた時点で負けです。このようにチャートの形状だけでは分析しきれないこともあります。チャートとはあくまで過去の形跡で現在、将来がどうなるかを示したものではありません。沢山の試行回数から推移の可能性が高いというだけなのです。板気配と空売り情報から機関の存在を確認すべきでした。

*ブレイクは”break out”のことで、ある価格帯を超えるとそこから更に急騰することで、バブル相場の予兆。当サークルの名称の由来。

このように現在ではチャートを基本的な分析対象として(テクニカル分析)、最終的なポジションは板気配*を見ながら、といった感じです。まだまだ自分の分析眼は未熟なものですが、これからもチャートや板を見続けていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。